バナー

主流になりつつあるクラウド型会計ソフト

個人事業主や中小企業では、こまごました毎日の帳簿つけから確定申告に至るまで、会計処理に要する負担が大きくのしかかってきます。
表計算ソフトを使って自分で計算することもできますが、可能ならば余計な手間を省いて本業に集中したいものです。会計ソフトは簡単な入力で帳簿類の作成を自動化できるため、多くの事業主に支持されています。会計ソフトにも多くの種類がありますが、一昔前は高額なパッケージソフトを購入して、自社のパソコンにインストールするのが普通でした。
このタイプは長年にわたり信用を築いてきたため、現在でも愛用している人は少なくありません。



定評のある大手の会計ソフトであれば、法制度などが改変されても、その都度サポートを受けられます。

ただしサポート料金が必要なことが多く、維持費は必ずしも安くありません。
またパソコンを買い換えたりした場合には、そのたびにインストールしなおす手間もかかります。


最近はクラウド型の会計ソフトが売上を伸ばしています。

Infoseek ニュース情報のお得な利用法をお教えします。

このタイプはサーバー上のアプリを使用するので、初期コストを抑えることができます。

どんな端末からでも使えて、最新の制度に対応していることもメリットです。

通常は年額または月額で課金されますが、小規模な会社なら無料で利用できるソフトもあるため、最初に導入する会計ソフトとして向いていると言えるでしょう。



ただしネットに接続して使うので、セキュリティへの十分な配慮が必要です。