バナー

会計ソフトの入れ替えについて

すでに会計ソフトが会社に導入されているが、新しい会計ソフトに入れ替える検討をしているシステム担当者は少なくないと思いますが、入れ替えたいと考える原因となる問題を現場が抱えていることがほとんどです。

効果のある会計ソフトの入れ替えにするためには、現場の抱えている問題をしっかり分析して、その問題を解決できる会計ソフトを選ぶ必要があります。

会計ソフトにより自分の会社の中で仕訳業務が完結できている経理業務の態勢が整っている企業でも、年間の決算業務や所得を申告する業務は顧問税理士に一任しているという場合があり、この現状を顧問税理士と連携しつつも、企業が自ら年間の決算業務や所得を申告する業務を主体的にこなすために会計システムを入れ替えたいと考えている場合があります。

たとえ古いバージョンのソフトを使っていたとしても貸借対照表や損益計算書は作ることができます。



ただし、税務が関わる処理については、毎年改正される税に関する制度や、税率、申告書のフォーマットなどに対応したソフトを採用しなければ行えないことになります。

様々な種類の産経ニュースの情報がいっぱい詰まったサイトです。

そのために最新の税制の改正に対応できる更新機能が充実している実績のあるベンダーのソフトに入れ替えたいと考えている場合があります。



ソフトを入れ替える場合に、最新の税制の改正に対応できる更新は保守契約の契約内容に基づいて実施されるため、システム担当者は保守契約の契約内容を確認しながら、保守費用などの運用費の見積もりを厳密にする必要があります。